HAN環境・建築設計事務所
お問い合わせ
一般住宅の新築工事
設計・監理料は、総工費に料率(累進式)を掛けたものになります。
設計・監理料には、確認申請、書類作成費を含んでいます。
注1)建主様からの支給品による別途工事:お打合せや図面製作が必要となる場合、設計・監理料の対象
注2)設計・監理料の最低設計料:250万円
注3)併用住宅、2世帯住宅の場合:別途ご相談
注4)構造設計料は別途必要
注5)審査機関手数料は別途必要
総工費(税別) 設計・監理料(税別)
2000万円以下 14%
2000〜3000万円以下 13%
3000〜4000万円以下 12%
4000〜5000万円以下 11%
5000万円以上 10%
設計・監理料の計算方法について

累進式のため、上記表をもとに次の通り計算します。

(例1)総工費 4200万円(税別)の場合

 ・2000万円以下までの工事費分      → 設計・監理料14% (2000万円×14%=280万円)
 ・2000〜3000万円までの工事費分   → 設計・監理料13% (1000万円×13%=130万円)
 ・3000〜4000万円までの工事費分   → 設計・監理料12% (1000万円×12%=120万円)
 ・4000〜4200万円の工事費分     → 設計・監理料11% (200万円×11%=22万円)

→設計・監理料 : 280万円+130万円+120万円+22万円=552万円(税別)


(例2)総工費 5200万円(税別)の場合

 ・2000万円以下までの工事費分      → 設計・監理料14% (2000万円×14%=280万円)
 ・2000〜3000万円までの工事費分   → 設計・監理料13% (1000万円×13%=130万円)
 ・3000〜4000万円までの工事費分   → 設計・監理料12% (1000万円×12%=120万円)
 ・4000〜5000万円の工事費分     → 設計・監理料11% (1000万円×11%=110万円)
 ・5000〜5200万円の工事費分     → 設計・監理料10% (200万円×10%=20万円)

→設計・監理料: 280万円+130万円+120万円+110万円+20万円=660万円(税別)

 

その他費用
・交通・宿泊費用
 ※遠方の場合は、電車・高速料金・ガソリン料金・飛行機代・宿泊費
・申請費用  
 ※確認申請・中間検査・完了検査申請手数料は別途になります。
・長期優良住宅に係る書類作成費用(申請される場合)
・住宅性能評価書等取得に係る書類作成費用(申請される場合)
 ※その他申請業務費用はご相談下さい。
・調査費用(敷地調査費用・地盤調査費用)
・登記等に関わる費用
・保険費用等

 


・敷地調査
・法規調査・確認
・基本設計・計画の検討模型製作(S=1/100)
・基本設計図面一式
・照明計画
・構造設計
・設備設計
・仕上げの提案
・実施設計の検討模型製作(S=1/50)
・実施設計図面一式
・確認申請業務
・現場監理
・現場詳細図作成

 

リフォーム工事
目安として、
・マンション住戸  13%〜15%
・戸建住宅全体   15%〜
※耐震補強が必要な際は、構造設計料が別途必要となります。
※設計・監理料の最低設計料は150万円とさせて頂きます。

 

その他
店舗企画、内装設計、集合住宅・商業施設等は別途、お見積もり致します。



設計・監理料のお支払い時期について
回数 お支払い時期 金額
初回 設計契約時 業務報酬額の10%
第2回 基本設計完了時 業務報酬額の30%
第3回 実施設計完了時 業務報酬額の30%
第4回 建物上棟時 業務報酬額の20%
第5回 建物竣工時 業務報酬額の10%
※上記条件については、一般住宅の新築工事(木造2階建て)を想定しています。
 また、支払い条件については、ご希望により調整も可能です。